ブログTOP
ホームページへ  2005年4月までの日記
<< May 2005 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

やっぱり5月だねぇ!

2003_1108_101_small.jpg

今日も五月晴れ〜って言うほど天気は良くないけど、さすがに5月、山の新緑がまぶしくなってきたよ。

ソフィの写真をチョットずつ整理している。月ごとにフォルダに入れてお気に入りもついでにピックアップしてるんだけど、撮ったときには失敗したなぁと思った写真も今見るとなんか味があって「これいいなぁ…」・・・
なかなかはかどらないよ・・・。

整理しながら、ワンコの健康管理にデジカメ写真はとても役に立つとあらためて思った。
いつもそばで見てるから、日々の微妙な変化になかなか気付きにくいんだけど、写真は客観的だから毎日撮影した体形や表情を見比べてみると、体調の良し悪しまで冷静に判断できる。体がしんどいときは目に力がないし元気のない顔をしている。

可愛い我が子がママに出している「サイン」を見逃さないためにも、デジカメ写真を役に立ててほしいなぁ。

☆彡 壁紙は、ラッシーママさんに描いていただいたイラストで作りました〜♪ ありがとう!
2005.05.01 Sunday :: ワンコの健康 :: comments (0) :: -

お互いの心を通わせるには

ぞうの時間 久しぶりに本を読んだ。
活字系は苦手なビジュアル(TV映像)系のあたしにとっては珍しいことなのだぁ〜σ(^◇^;)
本川達夫著「ゾウの時間ネズミの時間」サイズの生物学。最初の方は面白くてワクワクしながら読んでたけど、だんだん難しそうな公式や方程式みたいなのが多くなって…そんなページは読み飛ばしてとりあえず読み終えた。えへへ

著書より抜粋-----------------------
…そうすると、ほ乳類ではどの動物でも、一生の間に心臓は20億回打つという計算になる。 寿命を呼吸する時間で割れば、一生の間に約5億回、息をスーハーと繰り返すと計算できる。これもほ乳類なら、体のサイズによらずほぼ同じ値となる。

物理的時間で測れば、ゾウはネズミよりずっと長生きである。しかし、もし心臓の拍動を時間として考えるならば、ゾウもネズミもまったく同じ長さだけ生きて死ぬことになるだろう。
小さい動物では、体内で起こるよろずの現象のテンポが速いのだから、物理的な寿命が短いと言ったって、一生を生き切った感覚は、存外ゾウもネズミも変わらないのではないか。
-----------------------------------

動物において、時間は体長の3/4乗に比例するらしい。時間は唯一不変なものではなく、動物には動物のサイズによって変わるそれぞれの時計があり、私たちの持っている時計では他の動物の時間を単純には測ることはムズカシイのだぁ。

ということは、その動物のデザインからその動物の拠って立つ論理を理解することが、その動物と心が通い合える関係を結ぶための出発点なのかも知れない。

この本の内容は、専門的で読むのがしんどかったけど、これだけでも教えてもらったから、「ウンウン」ビジュアル系も満足したのであります。
2005.05.02 Monday :: ワンコの健康 :: comments (0) :: -

まずまずのお天気だったよ。

湯呑み

毎年この時期には、地元で陶器祭りがあるんだけど、今年はチョビッと様子が違っていた。
お茶会やオークションなどもあって、遊びに来た人も多かったし車での来場者数は過去最高だったのだけど。。肝心のお買い物をする人がメチャ少なかった。お客さんの手に「ゲット」した陶器を下げている人がホントに少なかった。
これは、看板娘のソフィたんがいないせいだけでもないようだにゃ・・。

窯元や商社の人は、景気が悪いからと他人のせいにするけど、そればかりじゃないと思う。お客様から見て、魅力のある商品や作品が少なくなったのも大きな原因だとあたしは思っている。
何でも作れば売れていた昔の古き良きバブル時代のアカが身に浸みてしまって、良いものを創れない体質になってしまっているのだ。

美術館や陶磁器会館に展示されている江戸・明治の頃のうつわを見ると、確かに今のレベルは・・・(;>_<;) 。
↑おさしんは、「白胎地卵殻手ソフィ絵錦突立湯呑」 ソフィママ作 <非売品σ(^◇^;)>
 …ハァ〜〜、ホンマやったら国宝なんやけどなぁ。。??がはははぁ〜〜〜♪
2005.05.04 Wednesday :: 普通の日 :: - :: -

またか・・。。

Gアイコン1

中日のウッズが、ヤクルトのピッチャーを殴って退場になった。
この選手は、今日が「こどもの日」だということを知っているのだろうか。
こんなニュースを見ると、プロ野球を見たくなくなるよ。
2005.05.05 Thursday :: (`_′)プンプン :: comments (0) :: -

遅い春が来たダス!

桜_01

車で40分くらいの処に有名な温泉地がある。
そこの温泉ランドには、旅回りの劇団がいつも○○ショーとか銘打って公演をしている。

近所の知り合いのおばさんが、ここのお役者さんの大ファンになって毎週土曜日には必ず見に行っている。
年はあたしより10歳ほど上で、子供も成人して今は旦那さんと二人で暮らしているんだけど、旦那さんには怒られるからナイショにしているのだそうだ。

こないだなんか、そのお役者さんとメールをするだけのために携帯電話も買ったそうだ。今も、近所のスーパーのお兄さんに頼み込んでメールの打ち方を特訓してもらっているんだけど、「おばちゃん、覚えが悪すぎるぅ〜!」とお兄さんによく怒られている。

出費もそれなりにかさむそうだ。ご祝儀も欠かせない。「あたしはそんなにお金がないから、1回に5万円までに決めている」とのこと。
うきゃ〜〜〜しゅごい!!
でも驚くのはまだ早かった。「いつも一緒に行く人は、毎回1万円札を50枚、首飾りのようにしてお目当てのお役者さんにかけてあげている」のだそうだ。

「でも、あたしは今がいちばんシアワセ。胸がキュンとなるし・・」と、おばさんは言った。
そうなんだ・・・青春の炎を感じちゃったよ。 がんばれ、おばさん! あたしも応援するよ〜!うふふ

ということで、今日は遅咲きの桜をペッタン!
2005.05.06 Friday :: ρ( ^o^)bランラン♪ :: comments (0) :: -

効いてくれたら儲けもの!

sunnyday.jpg

ソフィがガン宣告を受けてから、「健康食品オタク」と化したあたしは片っ端からあれもこれもと買ってきてソフィに飲ませていた。今考えると、ドラッグ・ストアで薬や健康食品を選ぶ姿はもう、必死で目はツリ上がり鬼気迫る形相だったのかも知れない。あはは〜

で、何が効いたのか?
これが一番重要なんだけど、確信を持って言えるのが「アガリクス」と「メシマコブ」だ。
ワンコはライフサイクルが人の5倍以上のスピードだから、効き目も月単位で形になって現れてくる。あたしの経験では、2〜3ヶ月で効果を見て(病院での検査結果をもとに)、飲ませるお薬や健康食品を見直すのがベターだと思う。

あと継続して飲ませていたのは、フコイダン、プロポリス、鮫軟骨コンドロイチンなど。これらもそれなりに効いてくれたと思う。カバノアナタケは、飲ませた期間が短すぎて何とも言えないけど評判はプラスの評価をよく聞く。

誤解のないようにまずハッキリ言っておかなければならないのは、これらの健康食品は個体差がかなりあって、効くワンコ(人)には効くけど効かない子にはまったく効果がないことも多々あるということ。
でも、健康補助食品はキホンテキには食べ物だから薬と違って副作用もない。「効いてくれたら儲けもの」と考えて積極的に飲ませた方がいいと思う。

特にレトリバー種は、ガンの罹患率が高い犬種だから、免疫力をアップするためのメニューを毎日の食生活にぜひ取り入れてほしい・・これは絶対に必要だと思う。

あたしは、取り返しのつかない自分の失敗でこのことを学んでしまった・・・
2005.05.07 Saturday :: ワンコの健康 :: comments (0) :: -

君への想い

ボカシ入りソフィ
 
------------------------------------------
 一番星に祈る それが私のくせになり
 夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す
 悲しみにも喜びにも 想うあの笑顔
 あなたの場所から私が 見えたら
 きっといつか会えると信じ生きてゆく

 晴れ渡る日も雨の日も 浮かぶあの笑顔
 想い出遠くあせても
 さみしくて 恋しくて 君への想い涙そうそう

 会いたくて 会いたくて 君への想い涙そうそう
------------------------------------------
 ◇「涙そうそう」より 詞:森山良子 曲:BEGIN


この曲を聴くと、いつも「涙そうそう」になる。
2005.05.08 Sunday :: ソフィのこと :: comments (0) :: -

貯金の目的は・・

煎茶器

煎茶器を買った。4〜50年前に作られた、何のとりえもないようなうつわなんだけど、何故だかこれを見たときに気に入ってしまった。

隣はドラエモンの貯金箱。
これは近所の友だちにもらった。五百円玉貯金をして、貯まったら韓流ドラマのDVDかビデオを買いなさい…ということだった。ちなみに彼女は大の韓流ファンσ(^◇^;)

ラジャー(~_~X)/~~~~~
2005.05.09 Monday :: ρ( ^o^)bランラン♪ :: comments (0) :: -

警察署は安い!!

さくらんぼ

車の免許証のことで警察署に行って来た。
用事はすぐ済んだけど、のどが渇いたから自販機でジュースを買った。
オォ!! あたしは目を疑った。
缶コーヒーもジュース類もなんでも100円じゃないかぁ!!!

この警察署の隣にはファミマがある。
あたしもこの道はよく通るから、このファミマに車を止めてお菓子とか飲み物をよく買って帰るんだけど…。
知らなかった・・・。盲点だった!

できればお菓子も置いてくれたら、もうファミマに行く必要はなくなるから、署長さん、お菓子売場もつくってぇ〜♪

もう、桜が赤い実を付けている。これは食べられないからサクランボとは呼ばないんだよね? 
子供の頃に試食して以来、あたしは一人でそう決めている〜あはは。
2005.05.10 Tuesday :: ρ( ^o^)bランラン♪ :: - :: -

ソフィの生い立ち

ソフィ_額入り
 
むかしあるところに、ワンコが大好きな初老の夫婦が住んでいました。
その家には、1頭のラブラドールのパピーちゃんがご夫婦の愛を一身に受けて幸せに暮らしていました。

ところがある日、ご主人が重い病気にかかり闘病生活が始まりました。そのために、長く続けてきたお店も閉めることになりました。そしてついに奥様も、ご主人の看病の疲れから病気がちになってしまい、寝込んでしまう日々が続くようになってしまいました。

私は、知人からその話を聞いた瞬間から運命的なものを感じ、すぐに決めました。
「絶対に幸せにしますから、私にその子を育てさせてください!」。心からお願いをしました。

「くれぐれもだいじにしてね。幸せにしてね」。
ようやく話がまとまり、その子を私の大切なひとり娘として迎えることになりました。
当時、ソフィは1歳を少し過ぎた、まだまだお子ちゃまの可愛い可愛い女の子でした。
そして、「これだけは絶対に守ってほしい」という長いお手紙を頂きました。
◇家の中で家族と一緒に住ませること 
◇絶対にケンカをさせないこと(野生の本能が目覚めるから)
◇フィラリアの予防薬を毎月飲ませること
◇定期的に健康診断を受けさせること
◇定期的に訓練を続けること(訓練所でひととおりの訓練は受けていました)
◇絶対に叩いたりしないこと
・・等々、基本的なことから日々のケアまで、何枚もの便箋に綴ってありました。


こうして、私の人生でいちばん幸せな時がスタートしたのです。
私はソフィを心から愛しました。いや溺愛しました。
そしてそんな私に、ソフィはいつも優しい笑顔で応えてくれました。
ほんとうに幸せでした。
Kさん、Iさん、ほんとうにほんとうにありがとうございました。
おかげさまで、私はソフィと一緒に最高に幸せな時を過ごすことが出来ました。

そして、ほんとうにほんとうに・・ごめんなさい。
ソフィは必ず私が守りますと約束しながら、ソフィを病魔から守ってあげることが出来ませんでした…謝っても謝っても謝りきれません・・・。私も、今もあきらめきれない気持ちでいっぱいです。

------------------------------------------

今日書いたことは、事情があってHPに公開するのをずっと控えてきました。
でも、一言だけでもお礼とお詫びがしたいと思い、ここに少しだけ書かせていただきました。

ソフィは、ホントに可愛いお子ちゃまだったんですよ〜♪♪♪
↑ おさしんは2歳6ヶ月、やんちゃ盛りの頃です。

え〜っと、それからもう一つ約束を守れなかったことがあります。それは「絶対に太らせないこと。あばら骨が数本うっすらと見えるくらいがベストです」の項目です。
ソフィたんは3歳を過ぎた頃からぽっちゃり系になってしまいましたぁ〜m(_ _)m ゴメンナサイ\(__ ) ハンセィしています。
2005.05.12 Thursday :: ソフィのこと :: comments (0) :: -
1/3 >>

▲ page top